エアリーズが缶詰

娯楽の9割5分がインターネットの痛い高校生、エアリーズのブログです。もしお時間に余裕があるようでしたら、開けてみて頂けると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3/23

さて・・・前からアラブの情勢を語ろうとしてましたが、出来なくなりました。
これは言うまでもないですよね。
東北・関東大震災です。
過去最大級M9.0の地震、そして10mを超す津波。
もはや1万人を裕に超える死者・行方不明者。
俺が初めてこの地震を知ったのは地震が起きた金曜日の夕方。外出してた時に父から電話があって知らされたんですが、そのときはまさかこんなレベルだとは思ってもみませんでした。

だって、阪神淡路大震災を超えたんですよ?
地震の規模でいえば180倍、被害者もこの調子なら2・3倍は行くでしょうね。

んで、ここ200年レベルで巨大な震災の前に俺が1週間以上も置いてたのには理由がありまして。
解説というかまとめのようなのを作ってました、しかも英語
俺の英語の成績を知るここのリア友なら鼻で笑われそうですが、あの直後、特に外国の知り合いから無事を確認する連絡が結構来ました。話ではどこでもそうだそうです。
大阪あたりでも揺れは感じられたそうですが、少なくとも福岡ではほとんどありませんでした。もはや皆無と追ってもいいんじゃないでしょうか。
要は、日本最大の危機ではあっても全日本国民が被災したわけじゃないんですよ。
なので、ある程度詳しく何処が被災したのか・どんな被害を受けた(受けている)のか・いまどのような救援が行われてるのか。このあたりを外人にわかるようまとめたんです。

といっても俺は専門用語とかはわかりませんので(特に原発問題)そこはある程度通じるレベルに書き換えました。つまり正確性は完全でないということです。
なんというか、素人向け・取っ掛かりくらいの内容にしかなってません。
本当は、文法も滅茶苦茶で母に校正を頼んでかなり迷惑掛けちゃったんですけど(殴
でもまあ、これで1週間潰したくらいですし(ヲイ)まず俺がずっとテレビ・ネットの前で調べて分かったことを並べたつもりです。
以下にそのファイルを公開します。もし外国人にお知り合いがいらっしゃるような方がおられましたら、拡散していただけると幸いです。
ダウンロード先
ちなみに、俺を知ってる人間なら多少見当もついてるかもしれませんが、俺の文章なので[お先真っ暗]な内容にはしてません。

当然、これだけ巨大な地震ですでに多くの方がなくなられている中で、[未来は明るい]だなんて言えっこないです。
でもこれから最悪な未来だとも思ってないんです。定言命法的に[未来は明るい]とは言えなくても仮言命法的に
[この危機を乗り越えれば、未来は明るい]
って位言っていいんじゃないですか。

この地震が来るまで、史上最悪の災害は阪神淡路大震災でした。
でも、それからの日本は下がる一方だったでしょうか。
俺の聞くところによると、震災後ある程度特需が発生したという話でした。
当然、経済がよくなったから亡くなった方々が報われるとは言いません。
でも、だからこそ被災した町を今まで以上に豊かにすることでその方々を偲ぶことになるのではないかと。
もちろん、阪神淡路大震災と今回の東北・関東大震災を同列に並べる気はないです。
俺はむしろ、この史上最悪の危難を乗り切り、景気をつけて(いろんな意味で)これから発展させていけると思ってます。

これからも数が増えていくであろう被害者の方々には深く哀悼の意を捧げなければなりません。いま苦しい避難所生活を強いられている被災者の皆さん・計画停電で辛い思いをされている多くの人々を自分たちは全力で応援しなければなりません。
そこはどんな言い方をしても変わりません。でも言いながら向くべき先には「より良い未来」を考えなければいけないと思います。
そのための最大の手段として、募金活動があるでしょうし(ちゃんと信頼できる募金先を選びましょう)直接関係なくても、応援のための歌・絵などの製作も意義あることだと思います。

ピクシブなどではかなり多くの応援絵が見られます。参照
これに対しては「被災者をネタにするな」など批判の声も結構聞きますが、俺はこういう作品に賛成しますね。
作者の皆さんが「ネタ」として使ってる訳ないじゃないですか。そこに「がんばれ」の言葉があれば勇気づけられる人たちはきっといます。もし、被災者でこのような絵を不快に思うのであれば見なければいいんです、見ることは強制されるものではありませんから。
また、応援する俺たち自身のモチベーション向上にもなると思います。この地震は1年2年で何とかなるものじゃない。メディアも落ち着いてきたら報道も減るでしょう。
その時も、なお苦しむ被災者の皆さんを忘れることなくできることをするために、このように応援の気持ちを形に残すことは重要だと思います。

東北・関東大震災の被害・影響は甚大です。最近ウチの古典の先生が折に触れて
「みなさんはほんと大変な時代に生まれてきましたねぇ」
って言いますけど、それは悲惨なだけのことじゃないと思ってます。
俺たちが頑張るための動機はいくらでもあるんです。
人は、悲惨で大変な時ほどがむしゃらで死にもの狂いになります。
そうして頑張った結果は自分たちに限らず、後世までの恵みになるんです。
今俺がこうしてPCの前で文章が叩けるのも、戦後の悲惨な時期をがむしゃらに頑張ってきた先人たちがあればそこでしょう。
今度は俺たちがそんな先人になるときじゃないでしょうか。
さっき、全国民が被災者じゃないと言いましたが、実際俺らも地震の影響を少なからず受けます。
でもそれを必死に乗り越えれば、それだけの見返りが自身と周りに返ってくるんです。
あんまり精神論ばかり言うと説得力に欠けそうですが、この震災を受けた地域が復興のなかで今まで以上に発展し、日本を引っ張っていくことも有り得るんです。そして、そうさせるのは紛れもなく俺らなんです。

再三申し上げてますが、このたびの地震で被災し、亡くなられた方々、苦しい避難所生活を送られている方々、他計画停電や様々な被害を受けている方々、また未曾有の事態に混乱しながら・非難を轟々と受けながらも必死に対処に当たっている方々には心からお悔やみ申し上げます。
これから日本全土が必死に復興に当たり、地震という謂れなき被害の後片付けをしていくことになります。
でもそれが終わった暁には、さらに良い未来があると信じてやみません。


以上、長文・乱文失礼しました。



以下、コメントにお返事を。
まばたき様、
このあと1週間くらいにはアラブのネタを出すつもりだった・・・orz
スーパーとか3段とかの雛壇もあるし、そういうのでも出しとくといいんじゃないかな?
未婚の女性がいるおうちなら、まあ出してて損はないでしょうし。
受験生だけどね。きっと勉強にもなるよ古典とか(何


では。
スポンサーサイト
論説 | コメント:3 | トラックバック:0 |

11/23

こんばんは、試験2日前に来るのもなんですが、来ちゃったことには仕方ない。エアリーズです。

仕方ないとは言いつつも、それなりの理由はあるんですよ。
・・・
ご存知でしょう?(ヲイ


北朝鮮やっちまったなぁ!おいって話です
一応、分からない方のために参照貼っときます
北朝鮮軍、韓国に攻撃
詳しい内容は、参照をご覧ください。

まあ、実際のところ、あの辺りで北朝鮮と韓国がドンパチやるのは今に始まったことじゃないんですが、今回の攻撃がこれまでと違ったのは
・北朝鮮が先に仕掛けたこと
・地上を狙ったこと  なんです。
つまり、これまでは領海侵犯した北朝鮮軍艦に韓国軍艦が砲撃して、その海域で両軍が衝突することが多かったわけですね。
それが、今回に限って、北朝鮮は積極的に攻撃をしかけ、しかも人の住んでる島を狙ったというわけです。
全体的な被害はまだはっきりしてないようですが
韓国兵で死者2名・重軽傷14名。民間人で重軽傷6名。島の建物は70棟程度炎上損壊 ということなので、結構派手にしでかしたようですね

もちろん、休戦中の国同士なので、何が起きてもおかしくはないですが、今度ばかりは先が心配です。
北朝鮮は最近後継者に決まった金正恩(キムジョウン)の人気取りが目的で、攻撃はこれっきりとの解釈もあるようですが、やられた韓国の国民が黙ってるかどうかは・・・
兵士であっても人が2人も死んで、民間人さえ多くの被害が出てる以上、キレて当然とも思います。
韓国も戦闘機を出して警戒に当たってるようですし、北朝鮮も近隣海岸の砲陣地を展開してるということで、
如何に李明博大統領が「戦線を広げないように」と指示出してても、どっちかが1発でも撃てば再戦の可能性は極めて高いです。

そうならないことを祈るばかりですが・・・

んで、やはり気になるのが、日本への影響ですが、
当然ゼロではないでしょう。
いまだって報道はずっと続いてますし、この通りネット上での情報の氾濫のすさまじい。明日にはどの朝刊もこれが1面でしょうし。
んで、実際的な被害・影響ですが、
ぶっちゃけアメリカ次第です
韓国の同盟国アメリカが出れば、アメリカの同盟国日本が出ないわけには行きませんし、そうなれば当然海自などの出動は十分ありえます。
まあ、といっても相変わらず補給艦での海上給油や輸送機での物資支援、掃海艦での機雷除去といったところでしょうが、こっちまで何か飛んでこないとも限りません。
先の朝鮮戦争時のように特需を期待する人もいるかもしれませんが、
特需が生まれるということはそれだけかなり大掛かりにアメリカが参戦してるわけで
アメリカは日本経由で艦やら航空機を出すわけで、
最近だって北朝鮮が度々中距離ミサイルを飛ばしてたんですから
米軍基地めがけて直接日本領に攻撃を仕掛けないとも限りません
つまるところ。今後北朝鮮と韓国が再戦して、それにアメリカが手を出し始めたら日本も安全ではないだろうと。

しかし、オバマさんは世界平和を掲げて大統領になったんですから、ここで戦争なんかしないと思ってますが。

とはいえ、これまで歴代のアメリカ大統領は、必ず一回は戦争してたりしますから油断は出来ません。韓国にも米軍基地があるわけで、北がそこに攻撃すれば世論に押されて宣戦する可能性もあります。

でも、北朝鮮だって、昔みたいにソ連からのバックアップがあるわけでもないのにそこまで大々的に戦争するとも思えないんですがねぇ。
韓国が北朝鮮に攻め込んだら中国は北を支援するでしょうか。そこまでは分かりません。

いづれにしても、隣国韓国の危機ですから、文字通り「対岸の火事」とは行きますまい。
差し当たっては、
交戦地域での北朝鮮・韓国の動き
以後のアメリカの動き
は、よくよく注意する必要があるかと思います。


あと、先日のニュースで、アメリカのロスアラモス研究所の元所長に北朝鮮が新築のウラン濃縮施設を見せたという話もありましたね。
これも何か関係してるかもしれません。てか大いに関係してるでしょう。
濃縮ウランを炸薬とするリトルボーイ型原子爆弾はアメリカが無実験で広島に落としたくらい簡単に造れるんです。
北が「これは民間用だ」といっても全く信用できません。
といっても、まだ出来たばかりで、実際に原爆一個作る程度のウランを得るには来年の6月くらいまで時間がかかるはずなんですが・・・
いろいろ謎が多いです。

あと、個人的には福岡に住んでると韓国が目と鼻の先なんで、もうなんかいろいろ怖いです。


では、今日はこれを語りたかっただけなんで、これまで。
コメントは次回に持ち越します(ヲイ
論説 | コメント:1 | トラックバック:0 |

12/23 天皇誕生日

お久しぶりです、長らくお待たせしました。
では、予告通り語ろうと思います。



今日は、国民の祝日「天皇誕生日」ですね。
なので、基本的に今日は休みだった方が多かったのではないでしょうか。(俺たちは学校がありましたが)
最近は小沢さんの件もあったので、天皇について語ろうと思います。

そもそも天皇とは何か。
起源は千五百年ほど前の古墳時代に台頭した大和朝廷の主君「おおきみ」で、奈良・平安時代と続くにしたがって日本の君主としてその地位を確立した家系(天皇家)のリーダーを指します。
また日本の神話「古事記」では、天の主神で太陽神「天照大御神」の弟の子孫として天皇は位置づけられています。


では、ここからが本題
天皇については「いなくて良い派」と「いて良い派」がいます。
俺は後者です。


第一の理由に、国際関係では「外交儀礼」と言うものがあり、いわゆる目上目下の関係です。
これは、"各国は平等"という点から代表する主体の違いで生まれたものでしょうが、
法王=皇帝>国王・女王>大統領>首相の順と規定されているそうです。
天皇は「皇帝」の扱いなので、事実上外交儀礼トップに君臨しています。
まあ、ただの儀礼で大した差は無いのですが、これは見ている側に影響を与えるということが言えると思います。
つまり、他国の国民からみれば天皇は「うちの国のトップが頭を下げてる相手」になるわけで、心理的に与える影響は大きいのではないでしょうか。
これは、明らかに日本が得をしている。と俺は考えます。先進国のほとんどが白人国家であるこの世界で、名目上一番偉い中にアジアの天皇がいることは、世界にとって良いことではないでしょうか。


第二に国内での問題が挙げられます。
もし、上の理由だけなら天皇がいなくても大きな問題はありません。
しかし、もっと現実的に考えると。天皇を廃止したらどうなるでしょうか。
間違いなく3桁の右翼の方が殉教(自殺)します。普通に崩御しても何人か割腹自殺するんですからその勢いは計り知れません。
そして、そのいわゆる極右の中には国内の超有名人にいるわけです。たまにスキャンダルにもなってますし。
すると、その有名人が亡くなったことで後追いも発生しかねません。
結果、すごい数の人が連鎖的に自殺する可能性を孕んでいます。これは文化的に見て非常に痛手になるでしょう。社会不安はいうまでもありません。

また、歴史的に見ても、千数百年前から直系で続いてる家系など世界でも稀です。しかも、ずっと日本の君主であり続けた。日本史を語る上で天皇の存在は絶対に外せません。天皇は最上級の人間国宝でもあるわけです。


これらのことから、日本の天皇は必要だと俺は主張しているわけです。


これに対して「象徴天皇制は国民主権を阻害する」という考えもあるようです。
かくいうウチのの現代社会担当の先生が「憲法一条(天皇の地位)改正派」なんだとか。

これに対しては、もっと実際的に見る必要があると思ってます。


現在の天皇に政治的な権力は一切ありません。天皇の名の国際的大きさはさっき言ったとおりです。
実際に日本国民してて、俺は主権が天皇に害されている所を見たことがありません。
むしろ、各国の政治家と話をして、日本の政治に何も口出しの出きない天皇さんはかわいそうにすら思えます。

そもそも、歴史的に見て天皇が独裁者だった時というのは非常に少ないのです。
考えると、天皇が政権を握っていたのは、奈良平安時代・建武の新政・明治~第二次大戦中しかないんですね。
しかも建武の新政はほんの数年、奈良・平安期も桓武天皇などを除けば、ほとんど太政官が政治を指揮し、明治から第二次大戦までも天皇が実際にしたのは「王政復古の大号令」くらいで、つまり「天皇はずっと日本の君主」でありながらその殆どは名前だっただけのようです。

余談ですが、「では殆どは誰が政治をしてたのか」というと、官僚なんですね。
平安期までは太政官などで、あの江戸時代でさえ一部を除けば老中が政治をしてたようです。官僚政治というのは民族的なモノなのかもしれません。

話を戻すと、象徴天皇制はわざわざ変えるほどのものでは無いでしょう。
むしろ、その歴史から考えれば、イギリスのように立憲君主制の方が柄に合うのではないか。と俺は考えるほどです。「君臨すれど支配せず」って今の天皇制と変わんない気もしますね。どちらにしても、実態は官僚政治になるでしょう。



結論をいうと、今の天皇は世界のラスト・エンペラーとしてずっといた方が良いだろうと。まあ、こんなことをいうからakとYaS耕地から「右翼だ」って言われるんでしょうけど、でも日本の利益を考えればそっちの方がよっぽど都合がいいだろう。と俺は思うのです。
論説 | コメント:2 | トラックバック:0 |

9/17 ~新政権への愚痴~

さて、エラーチェックのせいで1日遅れましたが、予定通り何も日記的なもののないエアリーズです。
なので、予定通り政治について多少語ろうかと。



このたび発足した鳩山新政権。自民史上初の完敗と民主の単独過半数&元野党との連立によって生まれたこの政権ですが、自分にはなんとも不安でなりません。


まずは、元の与党である自民党の点から。本当に交代するべきだったのでしょうか?
結論から申しますと、半分は交代すべきでした。
半分というのは、機が熟していなかったと言う点で、交代すべきではなかった。といえるからです。

皆さんは、先代麻生政権の行った政策をご存知ですか?
金融恐慌、中小企業・新興産業支援、子育て支援、イスラエル・パレスチナ問題etc.
詳しい政策を列挙していったのではいくらページがあっても足りません。詳しくは信頼ある情報手段で調べてください。
一部でもみれば、この僅かな期間に多くの政策に着手していたことが良く分かります。
が、その政策の効果・結果が出る前に麻生政権は倒れてしまいました。
これは、政権打倒が早すぎた。といわざるを得ません。
たしかに、自民から政権を外す必要性は認められます。しかし、その前に麻生政権が出来、激しい世情の混乱のなかで解決策となりうる政策を出した以上、その効果が判明してから政権が移っても遅くは無かった。と私は考えます。
また、これは私情を挟みますが「麻生総理には政策を全うしてもらいたかった」ということも少なからずあります。
自分の目から見て、先述の政策は非常に有効的に見え。これらが完成される前に新政権によって政策転換させられてしまうのか、と思うと残念でなりません。

また、この問題は政策の質に限った話ではありません。
麻生政権時、世界では通称:リーマンショックに始まる金融恐慌が世界に伝播し、多くの国が破綻の危機に瀕しました。
これは、丁度当時総合学習でアメリカを調べていた自分達が発表した部分なので多少知識もつきましたが、
このとき、日本は救済金としての外貨準備1兆ドルを支援しつつ、諸外国に即効的・中期的解決策を献じて、リーダーシップをとっていました。
特に、内需拡大を強調し、日本を含め世界各国に呼びかけたのです。
それは、国内的には中小企業・新興産業支援などの形をとって政策がなされました。

これが、新政権によって政策転換されればどうなるでしょうか?

世界が「自ら主張したにもかかわらず、反故にした。」と見るのは当然です。
これは国家としての威信に関わります。
なお、この辺りの政策は(他もそうですが)現在の民主党が採決拒否したものも多いようです。
世界一の経済大国、日本として各国から信頼を失うのは国と言う組織の存亡という事にも発展しかねません。
これから、民主党政権はどのように政策を行うのか。自分には心配でなりません。


話を転じて、民主党自身の問題についても触れてみましょう。
皆さんは、民主党がどのような成立過程で生まれたかご存知ですか?
実は、民主党という政党は元は自民党の一派であり、それが1993年の細川政権発足の時期に瓦解した社会党(当時の自民の対立政党)やその他多くの議員を吸収して生まれた党なのです。

元来政党と言うものは、同じ思想や信条、政策方針を持つ議員どうしが集まって結成されるものです。
なのに、対立政党と同じ政治信条を持った者達が対立する信条を持った者達を取り込んで一つの政党になると言うこと自体に問題が無いはずがありません。
それが、今まで15年以上もってきたのは、皆「打倒自民党」という同じ信条を持ってきたからです。
その目標が達成された今、民主はどう思っているのか、既に怪しいです。

では、実際の政策については。と言うと
たとえば、元自民党が多いので鳩山首相などは実は「自衛隊派遣」賛成派です。
しかし、連立を組んだ社民党は「自衛隊撤廃」を政策の一に掲げています。
お分かりでしょう、かなり支離滅裂です。
これに限らず同じ民主党内で対北朝鮮急進派と友愛派といたり、連立の共産党と意見が微妙に違ったり、議員によって重視する政策が違ったりなど。
纏める民主党首脳部にはかなりの統率力が必要とされます。なんてたって政党の軸であるその思想そのものを曲げる必要さえあるんですから。
そう見ると、あの膨大な「マニュフェストブック」は、むしろ「政策を一筋に纏めきらなかった」と言うようにも見えてきます。

また、政権内部に話は留まりません。
先ほど触れた”膨大なマニュフェスト”には「在日外国人への参政権付与」と言うのもあります。
言うまでもありません。国民の大半は賛成しないでしょう。
だから、民主党も選挙活動時あまり口にはださなかったのでしょうけども、何故このような嫌われる政策を(こそっとでも)打ち出すのでしょうか?
ずばり、支援団体に問題があります。
民主党は、その成立過程ゆえに様々な支援団体を持っています
中にはあまり良い印象を持たれない「朝鮮総連」や「日教組」といった組織も含まれています。
なので、そちら側からの要望として、入れざるを得ないのです。
しかし、お分かりの通りこれらの政策は時期を間違えれば国民からの信用を失墜させかねません。


まとめますと、民主党は政党として多くの危険を孕んでおり、自民党は政権離脱するには時期が早すぎたのです。
これはあくまで想像ですが、自分は民主党政権は4年持たない。と考えています。
仮に、政権は持っても党が、支持率が既に瓦解寸前になってる可能性は大いにありえます。
なぜなら、この4年という年月の間に先ほど述べた危険な政策を全く触れずに過ごすのは不可能だからです。
また、誤字での麻生元総理や泥酔会見での中川元大臣などのスキャンダル要素も
小沢幹事長の秘書の不正や鳩山首相の収賄容疑といったものに国旗切り刻み事件など民主党は多く持っています。
個人的には、このような問題は直接政策や日本の未来に関与せず、重視すべき物ではないとは思っているんですが・・・

まあ、ともかくこの政権の危うさはある程度伝えられたのではないでしょうか?


最後に楽観的に述べますと、自分はこれが日本の転機になるのではないか。とも考えています。
最初に申したとおり、自民党に変わる必要があったのは間違いありません。時期尚早ではありましたが、そこは達成されたのです。
また、民主党の新議員は若い人が多いです。これも期待できます。
若い議員さんは、多くの斬新な政策、または野望を持ってます。これは党と言う単位では毒になりやすいですが、国の政治としては新たな風になります。

議会制民主主義政治というのは、非常に腐りやすいナマモノです。何十年かに一度は植え直す必要があります。
殊に、民族的に政治・外交に強くない日本は、一度gdgdになれば戻すのに一苦労です。
このとき、若年議員の斬新な政策は大きな地力・肥料となりえます。

恐らく、一度日本の政治は混乱するでしょう。
しかし、その混乱期を過ぎたとき、日本の政治はもう一回り大きくなる。と私は信じてやみません。




もし間違った情報や誤字・脱字があればお知らせ下さい。自分もこれが確実な情報かどうか自信がない部分もあります。なんと言っても多くのメディアが政策を深く追求してくれないものですから。

あ、今日は話しすぎた感があるので、コメントのお返事はお休みです。
いや~よう喋ったなあ。色文字もサイズも使う暇なかったし。
まあいいや(ぁ
論説 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。